現場日記
お知らせ
お問い合わせ

担当日記

消防署の塗装工事

2019年12月12日

皆様こんにちわ

12月に入りましたが暖かい日が多いですね

これも温暖化の関係でしょうか?

子供の頃などは12月といえば

とても寒かったという記憶がありますが

出来ればこのまま寒く無い冬を過ごしたいです(笑)

 

さて今回の住宅の塗装以外のお仕事紹介は

消防署です。

消防車や救急車など

普段はなかなか間近で見る機会が無いのですが

やはりとてもかっこいいですね。

IMG_1527

現場で作業していると緊急出動要請の警報と

出動先のアナウンスが流れてきます。

この日だけでも5回ほど出動されておりました。

警報が鳴ってからものの数分で準備して出動していきます。

準備と訓練の賜物ですね。圧巻です

IMG_1526

 

この日の作業は、シャッターの塗装工程でした。

ローリングタワーで移動しながら塗装していきます。

役所の公共施設工事ですので各自治体によって

使う塗料も仕様も違います。

こちらの地区では、ケレン作業、シンナー油膜除去作業

錆止め塗装2回、中塗り、上塗り

という工程です。大変です(笑)

 

IMG_1531

錆止めの施工中です

横方向にアルミの金物が走っているので

塗装しないアルミ部分と分けながら

刷毛とローラーを駆使して塗装していきます。

全部ローラーでゴロゴロ転がせたら楽なんですが、、

同じ塗装面積でも手間が大幅に変わってきます。

 

IMG_1535

中塗り作業です

中塗りも中塗り専用の塗料が指定されています。

 

IMG_1536

 

完成です

消防署ですので規模も大きく工期もかかりましたが

なんとかもう完工に近づいていますね。

ここが終わるとさらに大きな小学校の

塗装工事が年末から来年にかけて始まります

3000㎡ほどあるようです(汗)

一般戸建て住宅の塗装面積が

大体150~200㎡程でしょう

住宅塗装何件分ですかね?(笑)

 

このような公共施設では施工会社での検査

管理会社での検査、そして役所の検査と

何度も検査があります。

特に役所の検査は鏡などを使って

目の届かないところまで

しっかり検査されます。

こういった厳しい検査をくぐり抜けていくことが

技術の向上にもつながりますし

繰り返しご用命頂けることが一つの

技術証明になると思っています

 

役所の検査や仕様は厳しいとよく言われますが

常にこういう状況下に身を置いて仕事をすることで

厳しいといわれる仕様が他の現場でも

スタンダードになっていきます

我々のような塗装専門店が皆様のお家を施工した際

役所が厳しく検査してくれるわけではありません。

検査するのはその会社の人間であり、職長であり、職人です。

その現場で施工する職人の基準を高くするためにも

役所の仕事はとても勉強になりますね。

 

ただ役所工事は予算ありきなので

施工規模の割にとても懐は事情は厳しいですけどね(泣き笑)

 

Re.ぺいんと工房公式LINEアカウント

検索ID @re-paintokobo

お友達登録お待ちしております

無料診断のお問い合わせは 

海部、津島外壁塗装のRe.ぺいんと工房 担当大野