現場日記
お知らせ
お問い合わせ

担当日記

天井のみの塗装

2019年10月11日

皆様こんにちは

大きな台風が来ておりますね

先ほど現在稼働している現場の足場ネットの絞りと

全ての足場抑えの締め付けを確認してまいりました。

ニュースなどを見ていると瓦や屋根が飛んでしまったり

心配ですが何事も起こらないことを祈るしかありません。

 

さて今回は某施設の室内塗装の紹介です

IMG_0624

今回は天井のみを塗装するので

床から何からびっちり養生が必要となります。

 

IMG_0629

オフィスにはパソコンやコピー機

デスクに商談スペースなどがありますので

自由に脚立などで移動できません

脚立と道板で足場を作り

写真のようにジャングルジムになっています(笑)

IMG_0633

天井にも蛍光灯やセンサー、監視カメラなど

養生しなくてはならないものがたくさんあります

道板を移動しながら一つづつ養生していきます。

 

IMG_0638

天井はリブのついたジプトーンでしたので

吹付であっという間に塗装してしまいました。

塗装する時間よりも養生にかかる労力の方が

はるかに大変な現場でした。

何も置いてない新築時の天井であれば非常に楽ですが

現状稼働している店舗での塗装では内容が大きく変わります。

IMG_0625

今回のように

たとえ塗装する数量が同じ物件があったとしても

作業する環境や状況により

作業効率や工期、準備に必要なものも大きく変わってきます。

外壁塗装でも図面や数量だけみて見積もりするのではなく

現地調査を行い実際の工事をしたら

どのように作業を進めなければいけないかを

細かい作業まで頭の中でシミュレーションする必要があります。

これは現場で培った経験がないとできません。

現場経験のない営業マンがいる訪問販売業者などには

見落としててしまう項目が多くあります。

現場は生き物ですのでその都度細かく柔軟に対応できる

対応力が必要となってきます。

塗り替え工事検討の際は

口のうまい営業マンの契約話術に引っかかる前に

塗装専門店での相見積もりを

数社取られることをお勧めいたします。

 

 

Re.ぺいんと工房公式LINEアカウント

検索ID @re-paintokobo

お友達登録お待ちしております

無料診断のお問い合わせは 

海部、津島外壁塗装のRe.ぺいんと工房 担当大野